ドローン技術の災害救助活動への適用

各種災害対応、救援・救済活動にドローンが非常に役立つことは、認知されてきている。問題は、
それを実行する組織や団体(ボランティア組織含む)を、社会の仕組みとしての体制づくりである。多くの団体では資金が十分でないところが多い。
消防活動についてはCoE(センター・オブ・エクセレンス:中核的研究拠点)が作られ、体制の準備検討にはいった、

救援車とドローン

山岳地帯での救援活動にProject Heroと称するシステムを導入。技術開発で最も困難なところは、車体の屋根のフードのクリアランス7cmしかない格納場所に、ドローンを自動で回収することである。

世界では、数百万kmにわたるパイプラインが敷設されており、劣化・漏れなどの間欠的な定常検査以外に、テロ対策としての常時監視業務も必要になってきている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする