PhotoScan最新バージョンUP

PhotoScan最新バージョンUPが2018年1月1日にリリースされました。

大きな変更点は、

・白板による反射率変換
・高密度ポイントクラウド ・高密度ポイントクラウド (点群 )インポート インポート
・動画 インポート

StandardProfessional版共通の追加機能

・フライスルービデオエクスポートに対応した[アニメーション]ペインを追加

・Agisoft Lens機能をPhotoScanに統合(チェスボードの表示とレンズキャリブレーション)

・ポイントのインポートコマンドを追加・ビデオのインポートコマンドを追加

・追加画像のみのアラインメントに対応・DNG画像のデモザイク品質を改善

・[領域を移動]、[オブジェクトを移動]、[オブジェクトをスケーリング]ツールを追加

・モデルビューに画像サムネイルを追加

・周辺減光や画像間の明るさ補正のための[カラーキャリブレーション]コマンドを追加

・単一のチャンク内に複数の高密度クラウドとモデルが構築可能

・[設定]ダイアログにショートカットのカスタマイズを追加

・[設定]ダイアログに3Dマウス設定を追加

・[設定]ダイアログにミップマップ生成オプションを追加

・[設定]ダイアログに可視性の連続したメッシュ生成手法の設定を追加(試験導入)

・[メッシュリファイン]コマンドを追加(試験導入)

・[進行状況]ダイアログに詳細セクションを追加

・[高密度クラウド構築]にポイントカラーの計算オプションを追加

・[カメラキャリブレーション]ダイアログに、放射状および偏心歪みプロットを追加

・[カメラキャリブレーション]ダイアログに[変換]ボタンを追加

・[バッチ処理]ダイアログに[メッシュリファイン]コマンドを追加

・[メッシュ構築]ダイアログに[正確な体積マスクを使用]オプションを追加

(可視性の連続したメッシュ生成手法のみ)

・[テクスチャ作成]ダイアログにゴーストフィルタを有効にするオプションを追加

・クラスと選択による高密度点群フィルタを追加

・写真ビューに[ビューをキャプチャ]コマンドを追加

・[写真]パネルに[深度マップ]ボタンを追加

・[写真の歪みを補正]ダイアログに[色調補正を適応]オプションを追加

・[高密度クラウド]に[ポイントの法線を反転]コマンドを追加

・インポートされた法線を持たない点群に対しポイント法線の計算を追加

・[スムースメッシュ]コマンドに[ボーダーを調節]オプションを追加

・メインメニューを改訂

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする