photoscan最新バージョンの機能強化項目

○データフォーマットとアップローダ

・モデルのインポート/エクスポートにAlembicフォーマットを追加

・カメラのインポートにFBXフォーマットを追加

・カメラのエクスポートにBlocks Exchange形式が対応

・Sketchfabアップローダがポイントクラウドに対応・PointBoxアップロードに対応

Professional版の追加機能

○ステレオ計測

・モデルビューにイメージオーバーレイを表示するための画像表示ボタンを追加

・立体視表示に垂直および水平分割ステレオモードを追加

・3Dconnexion Space マウスとStealth 3D マウスに対応

○植生指数の計算

・反射率較正パネルと各バンドの反射率入力をサポートをした[反射率キャリブレーション]コマンドを追加

・カメラ露出パラメータと放射照度センサのメタデータに基づくラジオメトリック標準化を追加

・[カメラキャリブレーション]ダイアログの[バンド]タブに[バンド感度を正規化]オプションを追加

・各スペクトルバンドに別々の黒レベル値を追加

○座標変換

・[座標設定]ダイアログにデータム変換を追加・サードパーティのフォーマットからジオイドインポートに対応

・垂直方向の一定のデータオフセットに対応・カメラとマーカの座標系が別々に設定可能

○データフォーマットとアップローダ

・タイルモデルのエクスポートにインデックス付きの3DシーンレイヤーとCesium 3Dタイルフォーマットを追加

・APM / PixHawkの飛行ログからのカメラ参照のインポートが対応

・E57フォーマットへポイント法線と画像エクスポートが対応

・高密度クラウドエクスポートにCesium 3D Tiles形式が対応

・ポイントエクスポートでXYZ形式のマルチスペクトルカラーに対応

・タイポイントとマーカーのエクスポートにDAT / EM Summit XML形式が対応

・Agilent ViewerのタイルモデルエクスポートにOSGB形式が対応

・カメラエクスポートのBINGO形式にポイント座標が追加

・[データアップロード]のSputnik Webアップローダにオルトモザイク/ DEM /タイルモデルアップロードを追加

・[データアップロード]のMelownアップローダにタイルモデルアップロードを追加

・[データアップロード]の4DMapperアップローダにタイルモデルが対応

・[データアップロード]のポイントクラウド/モデル/タイルモデルに[ラスタ変換]オプションを追加

・ポイント/ モデル/ タイルモデルのエクスポートコマンドに[ラスタ変換]オプションを追加

○その他

・モデルとタイルモデルがマルチスペクトルテクスチャに対応

・単一チャンク内に複数のタイルモデル/ DEM /オルトモザイク構築に対応

・Agisoft Viewerに非タイルモデルが対応・Windowsでのサービスモードの追加

・Yuneecカメラのメタデータに対応・Ctrl + Altキーでのシェイプのドラック操作に対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする