ドローンとは

ドローンは本来、蜂[オス蜂]の意味です。

無人飛行機[UAV]に与えられた愛称であり、もともと明確な定期は特に存在していません。

オス蜂[Doron]メス蜂[Queen]働き蜂[Worker]

では、ドローンの意味[定義]としては、

2015年9月に改正された日本の航空法では、航空法が対象とする無人航空機に付いて

法改正により対象となる無人航空機は、『飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることの出来ないもののうち、遠隔操作又自動操縦により飛行させる事が出来る物

(200グラム未満の重量・機体本体の重量とバッテリーの重量の合計の物を除く)です。

いわゆるドローン(マルチコプター)ラジコン・農業散布用ヘリコプター等が該当する事になります。

なぜドローンと呼ばれるのか、

1935年に英国海軍が無人標的機のデモンストレーションを実施。それを視察した米軍関係者が自ら無人機開発に乗り出し『ドローン』の愛称を与える。

2010年1月にデビューした『AR DRONE』により、ドローン=次世代型ボビー用マルチコプターを意味する時代へ移り変わりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする