ドローン 規制 FAA

ドローン規制は、日本国内だけでなく、現在は世界中でドローン規制について検討されています。

商業用小型ドローン(UAV) の活用を考えている人たちが待ちに待ったルール原案がやっとFAA(連邦航空管理局)から発行されました。

産業界に過度な負担の強いることがないように、かつフレキシブルに対応できるように配慮した、とFAAは言っている。
パイロットとしてのライセンス不要
ただし、オペレータとしての資格を取得する必要あり。2年で更新。免許取得費用は300ドル。17歳以上。
類別は一種類
55ポンド(25kg)以下の小型UAV。形式は自由で、一機一機の個別の認可は不要。
視界範囲内の運用に限る
オペレータの(双眼鏡などなしで)視界内で、異常時に直ちにその場に急行できる範囲。
時間帯と高度制限
日中に限る。高さ500ft ( 150m)以下。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする