ドローン 事故

ドローンを使用しての事故の責任問題について

ドローンの事故時の責任問題のとらえ方は曖昧なところがある。ドローン製作メーカなのか、販売者なのか、それを運転した使用者なのか・・・

これが個人として使っている間は、さほど多々に問題にはならないが、ビジネスの場合は、さまざまな問題が発生する。

例えば、車の事故の場合には、その問題処理のやり方や考え方が、確立されてきているが、ドローン事故の場合の処理手順は、まだ明確には存在していない。

責任の所在解明の手順が確立されていないということは、結局は「あなたが責任をとる」 ということになる。
ドローンを使っての市場は大きく、利益をもうける事はできそうなのは事実だが、しかしそこには大きなリスクが存在することも覚悟しておかねばならない。 さまざまなトライをすることは結構、しかしそれで事業を起こすとなると、こうしたリスクをよくよく理解し見直されている法令・規制を確認し業務を行う必要がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする