ドローンの歴史

ドローンの歴史として、2010年にデビューした、AR Doroneによりドローン=次世代型ボビー用マルチコプターを意味する時代へ変わってきました。

ドローンが大きな注目を集め、研究者や開発予算などの増加し市場が拡大し年々と進化が加速しつつあります。

3次元化の動きが一般大衆の近くにも押し寄せてきましたが、世界に比べて改革抵抗粘弾性の高い日本では浸透速度は緩慢です。

しかし産業界にくらべて消費者レベルでは意外とスピードが速いこともあります。力を合わせてうまくプロモーションしていけば新しい時代の到来を早めれそうです。

ドローンは近年では、災害現場での活用や事故等今までに中々手出しの出来なかった分野での活躍が期待されています。

過去には、尼崎の脱線事故では、3Dスキャナーと呼ばれる精密機器が用いられていました。

ドラマや映画などでも今後の活躍の場は広がりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする