ドローンの安全基準

ドローンの安全基準に付いても近年業務で使用する場合には定められてきています。

その内容を解説すると、近年、急速に無人航空機の普及が進み、各種測量調査分野においても利用が試みられている。無人航空機の利用が実用化されれば、写真測量の利用分野は大きく拡大していくものと期待される。しかしながら軽量とはいえ、撮影や観測のための各種機材を搭載すると全離陸時重量が5kgや10kgにもなる無人航空機が、上空から落下してくれば地上では相当の衝撃となり、場合によっては大きな事故につながりかねない。また、無人航空機の各種測量調査分野への適用は緒に就いたばかりであり、製作、利用、保守、教育、いずれの分野でも体制が整っておらず、危険な状態での利用が進められている。
本安全基準は、測量調査分野で空中写真の撮影や各種センサーによる観測を行うに当たっての無人航空機による飛行の安全が確保されることを目標に、目標達成に必要となる基準を定めたものであり、無人航空機の飛行に関わる事故やインシデント、さらにはヒヤリハットをなくすための取り組みや事故が起こった場合の対応の枠組みを示したものである。
この枠組みにより無人航空機の飛行の安全を実現するには、組織及び個人がそれぞれの立場で安全の確保に取り組んでいかなければならない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする