i-Construction

i-Constructionは、

2015年11月24日、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、情報化を前提とした新基準『i-Construction』を導入すると表明しました。

2015年12月15日、第1回「i-Construction委員会」が開催され、2016年度以降順次取り組まれていく予定です。

i-Constructionの背景として

人口の頭打ちや高齢化に伴う人手不足で、土木作業員の賃金は上昇傾向。

20年の東京京五輪にかけて人手の確保は一段と難しくなるため、生産性向上への対策が必要と国交省は判断した。また、依然多い労働災害も問題視している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする