商用ドローン活用促進政策

米国内務省(DOI:Department of the Interior)は、Site ScanをUASの基盤として選んだ。

野生生物の管理、植生調査、火災対応、災害救済、洪水対策などの各種業務改革するうえで、

ハード、ソフト、サービスが最もニーズに適合していると評価した。
行政としての推進が、民間の商用領域とも重なるところがり、民間の投資効果をたかめること

につながる、とみている。

米国でドローン活用の大手といえば、アマゾンやグーグルを思いつくかもしれないが、

AT&Tも最大手ユーザの一つになろうとしている。有視界外飛行の新しいルールの登場で、

全米の膨大な通信塔や配線系統の設備管理に本格的に活用できる環境が整った

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする