ドローン 免許

ドローン 免許に付いて。

航空法の改正について
7月14日の閣議において航空法改正案が承認され決定されました。本延長国会にて審議議決されます。
ただし、国土交通大臣が安全が損なわれるおそれがないと判断した場合はそのかぎりではない。
国交省航空局の考えではミニサーベイヤーコンソーシアム会員のように安全ガイドラインを設けて、
技能検定も厳格に実施している団体所属の会員は申請すれば飛行禁止空域でも飛行許可を取得できるとのことです。

したがって、飛行を予定している者は、飛行許可の申請をする必要がある。
1回承認されると最大1年間有効である。それ以降は再度許可申請を行う(期間延長も検討中)。
これに違反した場合は罰則が適用され、50万円以下の罰金が科される。
航空法改正案が国会で可決されると、3か月の猶予期間を経て、施行される。この3か月の間に飛行許可申請が必要。
ホビーと業務で分ける可能性がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする