i-Constructionの目指すもの国土交通省

i-Constructionの目指すものとして国土交通省が内容をあげています。

生産性を5割向上させることで、
・企業の経営環境を改善
・現場で働く方々の賃金水準の向上
・安定した休暇の取得
・安全な現場を実現。
○労働者数が減っても生産性が向上すれば、
経済成長を確保することが可能。

検査日数が大幅に短縮 人力で計測
GNSSローバー等で計測
10断面/ 2km
1枚のみ/ 1現場
監督・検査要領(土工編)
(案)等の導入により、
検査にかかる日数が
約1/5に短縮
検査書類が大幅に削減
受注者
(設計と完成形の比較図表)
工事書類
(計測結果を手入力で作成)
1断面のみ/ 1現場
i-Constructionの3つのトップランナー施策による生産性向上効果は、

ICT技術の全面的な活用による省力化や工事時期の平準化などにより、

1人あたりの生産性が約5割向上。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする